CycleShop-Harmony

締めすぎはダメですよ~

空気を入れる口のバルブのナットは締めすぎてはいけません。

締めすぎはパンクリスクを高めるだけです。無用なトラブルは避けたいですよね。

IMG_1167

 

 

 

 

 

 

上記画像は、当店に入荷した新車の自転車のバルブナット画像です。お分かりになりますでしょうか。

実はこのバルブナット、工場で締めすぎてナットが斜めに入り込んでいます・・・これではいけません(TOT)

 

IMG_1169

 

 

 

 

 

 

斜めに入ったナットをグイグイといったん取り外して、正しく入れて回していきます。

この時、手で締まるところまで回すだけでOKです。スパナで締め込む必要はありません。

当店、ハーモニーの自転車は全ての新車のバルブナットをチェックして、問題のある物は修正しています。

 

余談ですが、いろいろな自転車のパンク修理をする時に、無理くり締め込み過ぎていて斜めに入っている自転車を沢山見かけます・・・新車のチェックは入念に~!(・∀・)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください