CycleShop-Harmony

漕ぎ出しが軽い自転車の特徴

ギア無しの自転車には、ペダルのこぎ出しが軽い自転車と
重たい自転車があるのはご存知でしょうか?

IMG_1150

 

 

 

 

 

 

 

上記画像の自転車は、どちらもギア無しの自転車です。

手前の自転車:ブリヂストン製ステンレスリム仕様自転車
特徴:がっちり頑丈にできているので、車体重量は重い・・・重量は重いけどこぎ出しは軽い

奥の緑の自転車:当店で一番安い格安自転車
特徴・・・鉄の含有量が少ないので、強度は弱い。
なので、車体重量は手前のブリヂストンの自転車よりも軽い・・・重量は軽いけどこぎ出しは重い

 

重量が重い自転車のこぎ出しは重い???と思われる方が多いのですが、
必ずしもそうとは限りません。逆に言えば、重量が軽いほどこぎ出しが軽いとも限りません。

 

IMG_1151

 

 

 

 

 

 

うーむ・・・外見からは分かりませんね・・・(?o?)

そうなんです。外見からは分からないのです(T_T)

では、こぎ出しが軽い自転車はどうなっているのでしょうか?

 

IMG_1152

 

 

 

 

 

 

答えは、後ろの車輪の歯の枚数に秘密があります。

画像左の歯は16枚、右が14枚の歯で構成されています。
カタログでは、14Tとか16Tと表記されている場合もあります。

実はこの歯の枚数が多いほど、こぎ出しが軽くなるんです!
見えないパーツに、秘密があります(`・ω・´)

 

今回ご紹介した上記の自転車は、

・手前のブリヂストンの自転車は車体は重いが16枚のギア歯が搭載されている=こぎ出しが軽い
・奥の緑色の自転車は、車体は軽いのに14枚のギア歯が搭載されている=こぎ出しは重い

同じギア無しの自転車でも、違いがあるのですね・・・(´ヘ`;)ウーム…

 

なので、少しでも楽にペダルを回したい方は、16枚のギア歯が搭載されている自転車を選びましょう!

自転車の見た目では分からないので、自転車屋さんに聞くのが手っ取り早いですよ~♪

ちなみに・・・電動自転車では

IMG_1153

 

 

 

 

 

 

16枚よりもさらに大きい歯が付いています。ここまで大きいと、軽すぎると感じる方が多いですね(^^)

 

※14枚のギア歯は重いと表現していますが、足腰が強く、力のある方なら十分にペダルは回せます。


2 thoughts on “漕ぎ出しが軽い自転車の特徴

    1. 店長 Post author

      変速ギア(内装3段、5段など)も、歯数(ギア枚数)によって漕ぎ出し具合は変化いたします。
      通常、内装3段変速の自転車の場合は14枚が付いていることが多いです。
      16枚になることで、さらに漕ぎ出しは軽くすることができます。
      お子様を乗せる幼児二人乗り対応自転車などは、初期から16枚が付いてくることが多いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。